熱中対策の準備は大丈夫ですか?

大雨の災害は大丈夫でしたでしょうか?今までにない天気がしばしばおこります。今年の夏はまた暑い夏になるようです。当然「熱中症対策」をしっかりしておかないと命に関わる事態になる可能性があります。予防も大切ですが、いざなってしまった時はやまり「 牛黄」がよいと思います。昨年一年で牛黄の市場価格はキロ200万から400万に倍増しました当然商品価格も高騰し続けています。当店おすすめは「長城清心丸」です。予防にも使えて大変貴重な商品です。

そろそろ梅雨の季節。体調管理を。

明日から早くも6月。沖縄では梅雨にはいり、じめじめした季節がやってきます。この時期は体調もこわしやすいので体の管理はしっかりとしましょう。身体に栄養をあたえ、しっかり体を休める事も大切です。「レバコール」は体調管理に最適な栄養剤です。夏にむけて体つくりをしてゆきましょう。

スギ花粉シーズン到来

早くも3月。アレルギーの方には一年で一番ユウツな季節です。くすりを飲んだら眠くなるし、集中力もなくなるし、いやな時期の到来です。でも「タクロミン」は副作用の少ない漢方処方の鼻炎のくすりです。服用しているうちに、だんだん皮膚の粘膜が強くなって、アレルギーが起こりにくいからだにしてくれます。当然、眠気も殆どない薬です。症状によって薬の量を調節できるので、使いやすい薬です。早い目の服用が効果的です。

そろそろ冷え症対策

立冬もすぎそろそろ冬支度の季節がやってきました。過程ではストーブ、こたつをでされた方も多いと思います。夜はしっかり温まってお休みください。「マグマオンセン」は本場別府の「地獄湯」を粉末にしたもので、身体の温まり方がぜんぜんちがいます。ぜひ一度お試しください。

夏の冷え対策

今年の夏も例年より気温が高い日がおおく、各地で「熱中症」の被害が多くよせられています。子どもを車内においたままの自己がめだちます。水分補給も大切です。暑いから食べるのも冷たいものを沢山とってしまいますが、それによって胃腸が冷えてしまうとかえって、体調を崩してしまいがちです。そんな時は「胃腸」を温めていく事が大切です。「若甦温」はお湯割りでのんでいただくと胃腸をあたため、元気になってゆきます。

 

 

 

 

冷え対策「入浴」

入浴効果

①温熱による効果

身体の表面で温められた血液が全身を巡るため、20~30分程度、みぞおちあたりまでゆっくりっと浸かると体の芯まで温まる事ができます。

②水圧による効果

お湯の中で体に水圧がかかると、足や手にたまった血液が心臓に戻されるので心臓の動きやリンパの流れが活発になり、全身の血行がよくなります。

③浮力による効果

全身浴では体重が約10分に1になるので筋肉の緊張がほぐれて疲れがとれやすくなります。関節の動きも楽になります。

毎日の入浴週刊で疲れも心も癒してリフレッシュしましょう。

「マグマオンセン」はその温浴効果をかなり高めてくれます。

 

 

暑い夏にむけての「体力作り」

もう6月になりました。そろそろ梅雨の心配をしないといけない時期になってきました。それのともなって、暑い夏の始まりです。まずはしっかり「体つくり」をしないと乗りきれませんよね。今回ご紹介する、「レバコール」は体の基礎をつくるアミノ酸です。どなたにも安心して飲んでいただける商品です。愛用者が増加中です。

いつまでも美しく「瓊玉膏」

人間である限り誰でも天寿があります。それは避けられませんが、天寿のつきる瞬間まで元気でいたい、美しく年を重ねたい。この人類普遍の夢こそ、先人たちが求め続けてきた「不老長寿」そのものです。

「瓊玉膏」は先人たちがその夢をかなえるために私たちに残してくれたお薬です。今再び注目されています。

 

 

子どもも「お疲れモード」

私たちの子供の頃は学校から帰ってくると友達と色んな事をして遊んでましたが、最近の子供さんは塾のはしごで疲れています。そんな子供さんはすぐ風邪をひたり、アレルギーがあったりと体力のない子供が多いようです。そんな子供の栄養剤「小児用ブリル内用液」がおすすめです。風邪のときはこれを飲ませば、一晩でよく治っていました。

 

そろそろ紫外線対策を!!

真夏より今の時期が一番紫外線が強くなっていく時期です。紫外線対策はしっかりとしていきましょう。最近皮膚科でも日焼け止めをすすめています。敏感肌用のものもたくさんラインアップしていますので、是非ご相談下さい。