夏の冷え対策

今年の夏も例年より気温が高い日がおおく、各地で「熱中症」の被害が多くよせられています。子どもを車内においたままの自己がめだちます。水分補給も大切です。暑いから食べるのも冷たいものを沢山とってしまいますが、それによって胃腸が冷えてしまうとかえって、体調を崩してしまいがちです。そんな時は「胃腸」を温めていく事が大切です。「若甦温」はお湯割りでのんでいただくと胃腸をあたため、元気になってゆきます。

 

 

 

 

冷え対策「入浴」

入浴効果

①温熱による効果

身体の表面で温められた血液が全身を巡るため、20~30分程度、みぞおちあたりまでゆっくりっと浸かると体の芯まで温まる事ができます。

②水圧による効果

お湯の中で体に水圧がかかると、足や手にたまった血液が心臓に戻されるので心臓の動きやリンパの流れが活発になり、全身の血行がよくなります。

③浮力による効果

全身浴では体重が約10分に1になるので筋肉の緊張がほぐれて疲れがとれやすくなります。関節の動きも楽になります。

毎日の入浴週刊で疲れも心も癒してリフレッシュしましょう。

「マグマオンセン」はその温浴効果をかなり高めてくれます。

 

 

暑い夏にむけての「体力作り」

もう6月になりました。そろそろ梅雨の心配をしないといけない時期になってきました。それのともなって、暑い夏の始まりです。まずはしっかり「体つくり」をしないと乗りきれませんよね。今回ご紹介する、「レバコール」は体の基礎をつくるアミノ酸です。どなたにも安心して飲んでいただける商品です。愛用者が増加中です。

いつまでも美しく「瓊玉膏」

人間である限り誰でも天寿があります。それは避けられませんが、天寿のつきる瞬間まで元気でいたい、美しく年を重ねたい。この人類普遍の夢こそ、先人たちが求め続けてきた「不老長寿」そのものです。

「瓊玉膏」は先人たちがその夢をかなえるために私たちに残してくれたお薬です。今再び注目されています。

 

 

子どもも「お疲れモード」

私たちの子供の頃は学校から帰ってくると友達と色んな事をして遊んでましたが、最近の子供さんは塾のはしごで疲れています。そんな子供さんはすぐ風邪をひたり、アレルギーがあったりと体力のない子供が多いようです。そんな子供の栄養剤「小児用ブリル内用液」がおすすめです。風邪のときはこれを飲ませば、一晩でよく治っていました。

 

そろそろ紫外線対策を!!

真夏より今の時期が一番紫外線が強くなっていく時期です。紫外線対策はしっかりとしていきましょう。最近皮膚科でも日焼け止めをすすめています。敏感肌用のものもたくさんラインアップしていますので、是非ご相談下さい。

花粉の鼻洗い 

花粉の飛散がピークをむかえています。鼻の中は一日外へ出るだけで花粉の付着でよごれています。そんな時は鼻洗いが有効です。昔からある「鼻シャワー」もその一つです。今はもっと簡単なものもでていますが、やはり洗ったという感じはこれが一番ではないでしょうか。

 

「スギ花粉」到来

今年も嫌な時期がやってきました。スギ花粉の到来です。今年は新しい薬も発売され、花粉症の薬も充実してきました。やはり、眠気やだるさを考えると「タウロミン」が今年もおすすめですね。症状によって錠数を変更して、快適な春を満喫しましょう!

冷え対策

そろそろ寒い冬の到来です。朝夜は寒くなってきて暖房機器も活躍していると思います。そんな時は生姜湯をゆっくりのんで胃から温まってください。胃腸が温まると、体の芯からあたたまります。今回のおすすめは「生姜くず湯」「抹茶くず湯」です。100_0350